新しい連合の仕組みが「Travian: Legends」に登場

  • コミュニティの皆さん、


    嬉しいニュースです!2019年8月15日以降に開催されるすべての新しいゲームワールドでこの新しい連合の仕組みが追加されます。

    「Path to Pandora」での実装後、コミュニケーションプラットフォーム、コミュニティアンケート、および「Legends on Tour 2019 Summit」で多くの肯定的なフィードバックを受け取ることができました。そのため、このシステムを「Travian: Legends」のゲームワールドにも実装することが決定されました。

    連合の仕組みについてまだご存知ありませんか?心配は無用です。ここですべての重要な情報を見つけることができます:


    連合の仕組み

    2019年8月15日以降に開始されるすべての新しいゲームワールドでは、連合の仕組みが変更されます。お互いにつながっている4つの同盟からのみ連合を形成することができます。


    仕組みの詳細

    同盟Aと同盟Bは連合を築くことができます。同盟の1つが他の同盟に加盟のリクエストを送り、その同盟はそれを承諾することができます。

    例えば、同盟Aが同盟Cも同盟に迎え入れたいと考えているとします。この場合、連合のリクエストは同盟Aと同盟Bの両方から送信される必要があり、そうすることでのみ同盟Cが承諾を決定できるようになります。


    その他の変更点

    この新しいシステムでは、所有アカウント、同盟、または連合にのみ資源と兵士を送ることができます。

    市場での公募は、「自分の同盟のみ」オプションをチェックしていない限り、引き続き誰でも利用できます。この場合でも、同盟メンバーのみが利用可能になります。




    ビフォーアフター


    規模

    各同盟が所属できる連合は最大3つです。

    各同盟は最大4つの同盟から構成される1つの連合に所属できます(上の投稿の詳細を参照)。

    援軍

    プレイヤーは村に援軍を送ることができます。

    プレイヤーは自軍、プレイヤーの同盟、同じ連合に属する任意の同盟に援軍を送ることができます。

    資源輸送

    プレイヤーは他のプレイヤーに資源を輸送できます。

    プレイヤーは自軍、プレイヤーの同盟、同じ連合に属する任意の同盟に資源を輸送できます。市場におけるオファーはこの制限による制約を受けません。


    詳細情報は、Travian Answersのページで連合の仕組みについて詳しく解説されています。


    剣を研ぎ、弓の弦を張り直し、次の戦いに備えよう!


    Travian: Legends チームより